anywaytrip diary

さまざまの、まとまりのない感想

『MIU404』最終回 感想

とうとう最終話が終わってしまった。一度観ただけでは足りない。取り急ぎ呟きみたいな感想をあとで見返す用に(初見の勢いで書いているので、あとから追記することあり)。 陣馬さんが生きてるってだけで陣馬ファンの私は嬉しいのだけれど、娘さんの言葉が切な…

『MIU404』第10話 感想

相変わらずの個人的感想。#10、しんどい回。久々だこんなドラマ。でも嫌いじゃなくて、観てて良かったと思ってる。物語を通して、勝手に現実世界にも置き換えて、自分の行動を振り返りながら観るのは嫌いじゃない。 いつもは一人時間の取れる土曜の早朝に、…

『MIU404』第9話 感想

画面の「#9」の文字を目にして、あぁもう9話だ···となりながら観始めた。怖かった。終わりみたいな始まり方。 予告から勝手に予想していた「或る一人」。予想が外れてしまった。全く予想していない人だった。恐ろしい展開···と思いつつも、この脚本好きだーとな…

『MIU404』第8話 感想

もう8話とは。早い。 物語始まってすぐに、前回終わりの続きからちゃんとスタート。桔梗親子とはむちゃんの新しい住まいの問題、とりあえずの策は見付かった。はむちゃんと同居している桔梗さんのこと、この度の犯人は本当に知らなかった?この事件がもとも…

『MIU404』第7話 感想

冒頭で早速。ゲストの井口さん、菅田さんと共演(ラジオでの共演時を思い出して嬉しくなる)。 陣馬家。長男の鉄は懐かしのバール君(コタキ兄弟)。奥様は、小春ちゃんの担任の先生(美食探偵)とか。懐かしい。 陣馬さん格好いい。家族からも見直されててよい。…

『MIU404』第6話 感想

はむちゃんに関することはまだ続いていて。やっぱり怖いわ...いらっとくる急な変更には応じない方がいい(志摩が後々後悔しなければいいけど···と心配)···となる。 伊吹はナチュラルにああいうのをやっているようで、時々計算も入っているらしい。実際近くに…

『MIU404』第5話 感想

志摩が水森に放つ台詞の中のワンフレーズがピンポイントで突き刺さってしまったり、陣馬さんの鯖の真似(アドリブ?それを拾ってる志摩?素の星野さん?のやりとり)やピン合ってなくても欠伸している姿にちょっと救われたり、陣馬さんと桔梗隊長のシーンと台…

『MIU404』第4話 感想

ほぼほぼ全ての登場人物が魅力的、と感じた第4話。 一番の収穫は黒川さん演じる謎の女のことが少しわかってきたこと。羽野麦(はの むぎ)の「は」と「む」をとって、はむちゃんと桔梗から呼ばれている。彼女がなぜストールで顔半分を隠したり、水族館で桔梗と言葉…

『MIU404』第3話 感想

第3話、面白かった! ···と文字にすると、とても単純に見えるけれど。登場人物は多いし、場面場面でそれぞれの人物の視点や思考で台詞が語られるので全然単純でないけれど、一言で表すならば「面白かった!」となる。(もっと気の利いた表現を思い付きたい...) …

『MIU404』第2話 感想

ついつい大好きなコタキ兄弟と比べてしまうのだけれど。『MIU404』#2は途中から、人として大事なことをじわじわと受け入れさせてくれるドラマだな~(『コタキ兄弟と四苦八苦』好きな人は確かにこのドラマも好きかも)と思いながら視聴。 他人も自分も信じない…

『MIU404』第1話 感想

『コタキ兄弟と四苦八苦』を書いている人と同じ人が書いている脚本だからという呟きを信頼して、観ようと決めていた作品。 初回放送がずっと延期になっていてやっと、6月26日から放送開始。 麻生さんと星野さんにはこれ!という役だったりジャンルが個人的に…