anywaytrip diary

さまざまの、まとまりのない感想

『時効警察はじめました』第七話 感想

時効警察はじめました』第七話、視聴了。
前回終了時に流れた予告テロップに「最終章」とあり、最終章=最終回?違うよね?と思って調べたら、最終回は12月6日でした。しかも、「熱海の捜査官」に生徒役で出演されていたあの御三方がゲスト。そのうちのお二人が、二階堂ふみさんと染谷将太さん!と、自分の中でますます楽しみになってきました。

それはさておき、第七話の感想。

メガネ欲しい。相変わらず様々ゲスト豪華すぎ。

嶋田さんのシーン。三日月さんの空気読まない台詞パターンは、ここでも。前回からのお約束パターン?

檀さんが、これまでとは違って見えました。コメディエンヌのイメージなかったので、回想シーンから現在シーンに戻るとほっとしました。

備忘録兼ねて感想を残しているのですが、そもそも時効警察シリーズは深く考えず感覚で楽しむのがいいんだろうかと思った第七話。

なんていうか、時効管理課での皆さんのやりとりがやっぱり一番安心して楽しめる。あのシーンを見たくて、私は毎回見ている。

又来さんと彩雲さんが片手を合わせて···のシーンとか、十文字さんに対する霧山くんの感想とか。いちいち面白い。

又来くんと彩雲さんのシーンも印象的。又来くんの目線格好いい。ダーツバーでの私服姿も。

今週は蜂さんと諸沢さん居なかったなぁ。

「心の眼鏡は曇らせちゃダメだぞ、ということです」(霧山くん)「何だそれ」(三日月さん)

次回はいよいよ最終回。脚本・監督ともに三木聡さん。楽しみ楽しみ。