anywaytrip diary

お気に入りドラマの感想など綴っています

『時効警察はじめました』最終話 感想

 

( とても素敵な集合写真でお気に入り)

 

 

時効警察はじめました』最終話、視聴了。


とうとう終わってしまった『時効警察はじめました』。

淋しいというよりも、「またいつか続編あるよね(楽しみに待ってる)」という心持ち。

最終話となる今回も豪華な若手ゲスト陣と大御所の贅沢使いが時効シリーズらしい。好きな回でした。

最終話にもレギュラーキャストが満遍なく出ているのがとても良かった。そういうところに、三木さんの愛を感じる。

 

途中『熱海の捜査官』メンバーが出ているシーンでは、あのときの印象的なBGMが使われていたりして、懐かしいなぁと感じつつ。

 

ぱたっとの彩雲ちゃんの気持ちを垣間見ることが出来て、はっとしたり。(完全なる天然系のキャラかと思いきや、しっかり空気読んでて!三日月さんを応援したいけど、彩雲ちゃんの健気さにも泣ける)

 

又来さんの「珈琲淹れろおぃ」とかもう最高。

大好きな又来親子のシーンもあって良かった。でも、又来さん、諸沢さんに忖度してた?意外。

 

 時効管理課シーンがやっぱり一番好き。眼鏡系を掛けると逆によく見えていない十文字さん、お茶目な蜂さん、アクロバティックな熊本課長も健在。サネイネさんのお腹は先週より大きくなってたような気がする。浜田山さん、久我山さんも何だかんだ言って三日月先輩を応援してるの素敵。

 

三日月さん、やっぱり歌うまいわ~。しゃくなげの花を思い出してしまった。そしていつ言うの?やっぱり言わないの?と思っていたあの台詞にもらい泣き。

 

霧山くん(キリシューって略すの?知らなかったよ)、最後は格好良すぎだ。

未来のことは誰にも分からないけど、いつかの続編を楽しみにしている。

 

 

 

冒頭のあの呼び方が少々気になったのはスルーするべきなんだろうな(遠い昔に英会話の授業で「使わないで」って言われた表現だったからつい。でも漢字三文字だと逆に台詞の流れが悪くなるのかな?)。