anywaytrip diary

お気に入りドラマの感想など綴っています

『俺の話は長い』第9話 感想

 

 

『俺の話は長い』第9話(其の十七:トンカツと占い、其の十八:ラーメンとフリーマーケット)を視聴了。  

第9話にしてやっと、主人公はやっぱり満だったんだと思った次第。満中心に回ってたと思う。今回もとても好きな回だった。

 

満中心なんだけど、周りの人たちの本質というか、長く付き合ったらこんな感じなのかな(実は悪い人じゃない。案外嫌いじゃない)というのが見えてきて、初めから好きな登場人物はもっと好きに、そうでもなかった人にも愛着が湧いてきた。そんな第9話だった。

 

薗田くんが占い師さんのことを軽くディスった時、牧本さんが放った台詞。その台詞で牧本さんのことを見直した。もしかして、房枝さんが占い師さんに相談したもう一人って、牧本さん?(今週も満の口から房枝さんに対する「魔性」発言が聞けるとはな)。

 

春海が満に相談している間に、放送部が有名な高校を調べている綾子。やっぱり喧嘩してもお母さんだよなぁ。対照的なピーナッツ食べ過ぎ房枝さんの余裕よ。

 

満の説得に折れる春海。本当は自分でも少し迷いがあった?満のような厳しくも愛情のある相談相手がいてよかったね。そして、カツ丼には三つ葉発言、やっぱり満と血が繋がってるよね~と思った。

 

占いに自分から当たりにいく光司。満の指摘がいちいち面白い。ベース弾いてるときの光司は穏やかで楽しそうで、いい顔してたなぁ。

 

檀野さんのことを苦手だと思っていたけど、フリーマーケットでめんどくさい満にも「まさに今の満くんみたいにちょっと生意気なタイプがいい」って上級笑顔で対応できる人って、なかなかいないような。広く浅くの人間関係をモットーにしてる人なのかな。だから他人に対して腹が立たないとか?

 

その後の綾子と満のたたみ掛けるような台詞の応酬。すごかった。綾子に味方したい。けど、若かったら私も満の言い分が分からなくもない。が、30オーバーであれはちょっとなと思う。人間、年齢が全てではないけど、30越えててあれはないかなと。ニートが6年続いているから、自分の殻に閉じこもりがちなのかな。流れに身を任せるのも意外といいかもよと言いたい。満は自分で納得しないと動かないのは分かっているけど、あえて言いたい。

 

房枝さんが満に、陸を見掛けたというシーン。皆で陸のことを気に掛けているんだなぁと思って温かい気持ちになった。(でも現実世界では付かず離れずのいい塩梅なご近所さんとかあんまりいない。干渉され過ぎ、詮索され過ぎは苦手)。

 

フリーマーケットに来ていた高平陸のシーン。満、きっついこと言うなぁと思ったら、その後ちゃんと謝っててえらい。相談に乗りましょうか?って言える陸もすごい(人たらし)。そして、陸は新しいお父さんのこと少し好きになれたようで、ちょっと安心した。インスタントラーメン作ってもらったって話、いいな。で、ちゃんと美味しいって言ったか?と訊く満に、濁す陸。それに対する満の言葉。あのシーン、すごくいいなと思った。陸の口からお母さんのことももう少し聞いてみたい。

 

満が働く人々を眺めながら帰宅するシーン。陸には謝れたけど、綾子には謝っていないのを気にしているのか、綾子の言葉が響いている証拠のような表情。からの、牧本さんに遭遇して、牧本さんの表情寂しそう。房枝さんの息子だからっていうのは関係なく、満のことにを心配して本心からアドバイスしたんだろうな。

 

そして、クラッチでのシーン。海星くんが満に明日香さんからの伝言を言いたがらなかったのは、もしかして振った明日香さんに未練がある?(小雪ちゃんは明日香さんっていうのに、海星くんはオーナー呼びだし)なわけないのかな。とにかく、シーンの海星くんの台詞はバーンと来た。私も心に留めておいて、すぐ実行せねばと思った。頭では解ってはいるけど···っていう部分をずばり言われたよねっていう。つべこべ言わずにとにかくすぐやれ!っていうのは、大事なんだろう。過ぎてしまったことは仕方ないが、やらない理由を探すより流れに任せてでもとにかくやるってこと、動き出すことが大事ってことなんだろうなぁ。うちの家族の中でも流れに任せてとにかく動いている人のほうが、なんか色々うまくいってるような気がする。にしても、海星くんと小雪ちゃんの掛け合い、良かったですよ。別のシーンで、小雪ちゃんの発言に海星くんが突っ込むシーンも新鮮でした。そして満はまだ明日香さんのこと引きずっているんだな。椅子のシーン、自分の場合と薗田くんの場合と、違うのわかるよって思った。(御膳立てはいやとか二番煎じは嫌的なこといいつつ、海星くんに振られた明日香さんは好きになるっていうのがイマイチ一貫性がないけど。そういうとこを気にするのは野暮ですかね。

 

来々軒がご要望にお応えして出前始めましたっていう。色々繋がっていて面白い。でも案外、人生って色々繋がっているんですよね。クラッチで海星くんに言われたこと、明日香さんからの伝言、からの自分の論理が崩れたことで次週の最終回は何か変わるのかな。楽しみにしている。

 

次回予告

第10話ストーリー|俺の話は長い|日本テレビ

あっという間に最終回。最近流行りのロスって感じにはならないと思ってるけど、淋しさはある。個人的にはいいタイミングでこのドラマに出合えて、すごく感謝している。気付きがたくさんあったドラマ。私の子供世代だと、どっちかっていうと満寄りの思考なんだろうなと想像するけど、満みたいに自分で経験して納得してから進むのも悪くないのかな···と思いつつ、房枝さんのようにおらかに見守る自信はまだない。どっちかっていうと、綾子寄りの視点。

 

これが終わると、次クールで観たいドラマがないっていう状態。 ロスよりそれに困ってる。