anywaytrip diary

さまざまの、まとまりのない感想

備忘録(2019年12月下旬)

今日は朝からツイッターで探しもの。

ツイッターって、すごいわ~と改めて。

クリエイティブな仕事をプロとしている人もツイッターってされているんだと思うけど、もちろんそうではない人も使っているはず。なのに、あのクオリティ。アプリの威力?動画もカード風なのも、コメントも、プロですか?という感じで、沼女の本気を見た。皆さん色々趣向を凝らして思い思いのことを発表されていて、思わずもらい泣きしそうになったり、にやりとなったり。特に印象深い動画がいくつかあって、その中の一つは以前も素敵な動画をアップされていた方で。でもここにリンクを貼るのはいいかどうかわからないから、個人的にブックマークしている。(アダムスファミリーとか、アメリとか。センスが好き)。その後、別の方の出馬表ふうなのを見つけて、感嘆しかない。

改めてマネさんの言葉を読み思う。トメの威力よ。

 

公開を楽しみにしている映画の公式ツイッターが更新。(公式さんから予告動画のアップがないのが気になる)。

 

引き続き『ミステリーズ!vol.98 DECEMBER 2019』を読んでいる。まだ時間がかかりそう。

 

2019.12.23(25:00-27:00)ANNをradikoで聞く。先週はサボりじゃなかった。信じてほしいとの弁明あり。他、通常営業の模様。「夜明けのBEAT」がかかってた。

 

 

 2020年も情報解禁になっているいくつかで既に楽しみ。でもまだ解禁前の作品も多数あるんだろうな。息を長く、マイペースに追っていきたい。

 

 

 (12/25追記)公式さんから12月25日の水曜日、0時ジャストに予告動画がアップされていた。かなり嬉しい。

 やっぱり公式さんからっていうのが一番信頼できる。個人的には火曜日が気になるのと、何曜日さんか分からないけどあのスニーカーは紺色?レザーの方じゃないの?ってこと。この作品のオファーっていつ頃受けられたんだろうか。時期が気になる。

昨夜のnews zeroの特集は、色々ご褒美だった感。そして、今までぼーっと見ていて気付かなかったけど、世の中にはただ何となく流れているだけじゃなく、細かく組み立てられてまわっていくことが大半なのかも。映画のプロモーションとかまさにそうなんだなぁと改めて感じている。強すぎる押しじゃなくてスマートな、期待を越えてくる演出って楽しい。