anywaytrip diary

さまざまの、まとまりのない感想

ドラマ「レンタルなんもしない人」第2話 感想

重めの内容かと窺いながら観ていたのだけれど、視聴後はちょっと清々しい。

レンタルさんの素性も少しずつ明らかになってきた。

 ドラマとはいえ、依頼人のことを呟いているのが、何だかヒヤッとするな···と思っていたら、依頼人の許可を得た上でのことらしい···というのを見かけたので、勝手に安心した。

第2話は観ていて途中、気持ちがしんどくなりつつも、最後まで観られて良かった。

救いようのない話だと、今のこの閉塞感と相まって余計に気持ちが落ちるところだったと思う。

依頼人の彼があの判断を下せたこと、驚いたけどちょっとほっとしてしまった。

出社しない選択も、まぁあってもいいとは思うけど。

どちらがいいのかはよくわからない。

(精神含む)命が一番大事なのは、確かなんだろう。

依頼人の彼は、レンタルさんのことを勇者だって言っていたけど、レンタルさんに依頼できる時点で彼も十分勇者の素質ありそう。

レンタルさんにDMするのすらハードルが高いと感じてしまう人も、世の中にはいると思うから。

 

オープニングで最後の晩餐の話が出てきて、最近は局をまたいでコラボやリンクさせるのが流行っているのか、たまたまなのか。(美食探偵は日テレ)

あのシーンでは、増田さんがお肉が焦げないようにお世話されていたそうで。

餅田さんのツイッターに裏話が載っていた。

 

次回予告、コスはジュディー?あの橋とゴンドラは···TDS?気になる。

Eテレで見ていたまいんちゃんが、綺麗な大人に。

子役の時から全然変わっていないのがすごい。

 

このドラマのモデルになったレンタルんさんって、実在されているらしく、その事実を1話視聴後に感想をアップしてから知って驚いてしまった。

レンタルおやじは某ドラマで知っていたけれど、なんもしないレンタルっていうのは斬新で。でもドラマを見ていると、全くなにもしないわけではなくて。

ドラマの中で、スマホから返信しているのはDMなんだろうか。その返信が興味深い。