anywaytrip diary

さまざまの、まとまりのない感想

about/2020.06.06

御覧いただき、ありがとうございます。

(2020年4月1日付けの「about」から少し更新して書いています。)

ここでの記録は主にドラマの感想が中心です。

何でも最初に触れたときの感覚が一番率直であると思い、初見の感想や印象的だったことのメモ代わりにここを利用しています。

メモなら自分で書き留めておくだけでもいいのですが、偶然にもどなたかに何か響くことがあるならば、それはとても面白いことなのではないか···という邪な心がモチベーションとなり、細々と続けています。私自身も個人の方が主観たっぷりで書かれている感想を読むのが好きで、自分と違う見方だと感心したり、同じだと共感したり。それはドラマを観た後の楽しみのひとつです。

ドラマのほかにも、ドキュメンタリーや人物にフォーカスした番組も好んで観ます。ただそれは毎回観るというより、予告で気になった人のときだけという場合が多いです。そのためドラマ以外の番組感想は、タイミング良く視聴できて強く心惹かれたときのみ、ここに残しています。

前回の「about」で書いた『コタキ兄弟と四苦八苦』を越えるドラマに出合えるかどうか、の続き→今のところ、まだ判りません。『きょうの猫村さん』と『美食探偵 明智五郎』はお気に入りです。

2020.06.06