anywaytrip diary

さまざまの、まとまりのない感想

『MIU404』第9話 感想

画面の「#9」の文字を目にして、あぁもう9話だ···となりながら観始めた。怖かった。終わりみたいな始まり方。

予告から勝手に予想していた「或る一人」。予想が外れてしまった。全く予想していない人だった。恐ろしい展開···と思いつつも、この脚本好きだーとなってる。誰か一人に強くフォーカスというより、わりと満遍なく様々な登場人物のことを描いているなと思って。かなりハラハラして、恐ろしかったり、悲しくて怖くなったりもしたけど、#9は好きな回だった。

伊吹の後悔、見守る志摩。声に出して志摩に訊ねる陣馬さん。4機捜みんなの、伊吹を心配する視線。九重くんは成川の事をずっと引きずってるんだなと。陣馬さんのアドバイスも確かにありがたいけれど、それに慣れるのはなかなか難しいのもわかる。志摩の強力後押しと伊吹の同調もあり、桔梗隊長の視線を受けて陣馬さんも頭ぽんぽん胸ドンで同意。陣馬さんは九重くんの事を息子みたいに可愛がっているのかな~と。この一連の流れ、好きなシーン。「機捜っていいな。だれかが最悪の事態になる前に止められる」って伊吹が言ったのを感動した、って今伝える志摩のシーンも。

はむちゃんが何者かなんて本当の事は知らずに追いかける成川。本当のはむちゃんを知らないのは成川だけじゃないけど。改めて、現実世界にも通ずるなと思いながら。REC(児島弓快···伊吹に褒められたユカイって名前、本人は気に入ってない様子)の偽投稿に反応するゆたかの同級生の親しかり。顔の見えないもの、見えていても得体の知れない人の事を容易く信用するって怖いこともある。こちらの親切心や興味が仇になることもある。判断が難しい問題。

成川の実家。母親が言う「ですから、今いる息子を大事にしているんです」から、九重くんと陣馬さんの言葉に心を動かされて告白するシーン。家の外壁にある落書きを訴えずにそのままにしている理由にちょっと驚く。あんな風な子供に育てたのは自分の責任って強く思ってるのかな。成川母の心にも闇がありそう···?気になる。成川兄に依存してる?夫はどうした?もともと崩壊気味?とか。でも成川はいまだに心優しいところも持ち合わせていて、非通知で連絡してきたことがあるとか。母親の誕生日を祝う気持ちも勿論あっただろうけど、それがいい口実となって親への感謝と自分は今も生きてるってことを伝えたかったのかな。そこでお世話になってる人の名前(久住)を言っちゃうところが、成川って本当に久住のことを助けてくれるいい人だって信用していたんだなと分かって、ちょっと辛い。でも成川のその素直さが事件解決?に少し繋がってるとしたら、成川くんGJだ。

久住、怖すぎる(笑わない目をして喋る関西弁、味がありすぎる。今回は台詞も多かったし、その内容もあれだったし)。ボス、じゃなくてボスザルって表現するのは、いつかはその座を取って代わられるって言ってるみたいだなと思いながら。耳に残る。

ガッシガシの武蔵野うどんからの、バシリカ高校の件。校長がやっと認めたとのこと。成川くん達の学校に対するモヤモヤも少しは報われるのかな。と同時に、もっと早い段階で学校側が事実を認めていたら、久住に入るスイッチも、成川くんたちへのスイッチも変わっていたかもしれないのにな···と考えても仕方ないのにたらればを考えたりもする。

桔梗隊長VS部長のバトル。俄然隊長を応援!となる。部長の怒鳴り声、怖い。(私はコメディー生瀬さんが好きだから、この役は余計にムムムと思ってしまう。このシーン前の「心の声ですよね?/心の声です」のやりとり後の生瀬さんの手の動きはお茶目で好きです)

陣馬さんの顔面配備きた!!!待ってた!!!(以前の桔梗隊長の台詞を回収。九重くんもやっと見られたのでは?と。九重くんの顔面配備はまだまだ可愛らしい)。

はむちゃん、他人に心許しすぎじゃない?って思ったけど、コンビニでマミーを手渡してくれた成川の親切さを思い出して心を許してしまってたのかな。桔梗と伊吹たちとの交流だけでは物足りない日常だった?···物足りないわけじゃないけど、危険から身を守るだけの最低限の生活じゃ満たされないところもあったのかな。人の役に立つことって、生きることの喜びに繋がったり、自分の存在価値を実感できてるから。桔梗さんに伝えて!とエトリの車番を覚えてたところ、凄いと思った。執念。ともかく、はむちゃんが助かって良かった。

成川くんも最後には救われてほしい。九重くんなら信頼できるって思えたかな。深い深い井戸の底から掬い上げられた=この度の難問から救われたってことだよね、との解釈でいいんだろうか。罪を償ってからは二度と危ない世界と関わらずにいてほしいな···とは一視聴者の勝手な願望。

そこでドローンを追いかけるとは···からの、エトリ。私、推理が甘くて全然この最期を予想しておらず、呆然。そして今まではむちゃんに嫌がらせするエトリめ!と思っていたのに、久住怖過ぎじゃないか···となってる。

 

次回予告。陣馬さんの声で「九重は機捜じゃなくなった」の声。やっぱりそうなんだ···という思いとその経緯(九重パパの再登場はある?)、気になる。