anywaytrip diary

さまざまの、まとまりのない感想

ドラマ『ただ離婚してないだけ』第9話 感想

雪映さん怖いー。
正隆可哀想…と思うのもはまた違う反応か。正隆も悪いんだし。佐野さんの止血してあげてるのは優しいと感じてしまったんだけど、私の感覚も麻痺してきてる。

菜穂は、雪映さんたちが変わるチャンスを逃してしまった…雪映さんを信じてしまった。雪映さんのなかでは、妹に心配を掛けないことよりも正隆との秘密を守ることを第一に考えるようになってる。倫理的な善悪を考えず。

二人にとっての解決策を次々と思い付く雪映さん。冷静に正隆に指示してるの凄いし、強い。そして、萌ちゃんのことを「あの子」とか言わずに「萌さん」って発していたのは意外というか。雪映さんの基準って不思議だ。罪悪感を感じられない。他人事というか。

佐野さん可哀想…と思ってたけど、そうでもなかった。あんな状況なのに反撃する気力が残ってるとは。精神力が強すぎる。機転が利きすぎる。そしてやっぱり佐野さんも酷いやつだった。可哀想だからって同情すると危険だ。正隆騙されてるから気付いて欲しい。(…って、いつの間にか正隆を擁護したくなってて困る。でもそういう視聴者って結構居るのかな?)

山でのシーン。帰り際、雪映さんを待たせるために正隆が発した声のトーンが優しい。埋めた所を一人で見ていると、萌ちゃんと思い出が見えてきた正隆。引き返してきた雪映さんが、手をとって声をかけてくれなかったら…どうなってたんだろう。然るべきところに全てを告白して、もうこんなこと終わらせたいと思ってた?

…新しい劇伴?…と思っていたら。佐野さん、怖い!

仁科さんの、薮くんは相変わらず仕事が早いね、って言葉も怖い。含みがあるよー絶対。

池崎さん、来た。どうする正隆。泣くな。正隆弱いから、対応してるうちにボロが出そう。(あんまり人を疑わない創甫、まだまだ子供で優しすぎるんだなぁ。真実を知るときが来ても、彼には真っ直ぐに生きて欲しい)。

次回予告。雪映さんの表情には違和感ないけれど、正隆のおどおどした感じは不審に見える。絶対池崎さんに怪しまれてる。

 

今回は前回ほど怖くはなかった(視覚的に)。

どちらかというと、雪映さんの発想力と行動力に驚かされっぱなしというか。初っぱなの菜穂を欺くシーンもそうだし、異臭指摘されて対応したときもそうだし。(前回ハエが出てきて窓際が映ってたのは、今回の異臭に繋がってたのか。気付くの遅いな私。)

逆に、正隆の弱々しさというか詰めの甘さというか、本来の正隆に戻っている感じ?(良心が見え隠れしてる)との対比が何とも。物語前半とは立場が逆転してる。

でも二人に共通してるのは、まだまだ佐野さんの実力を見縊り過ぎているところ。

この先最終回までにどうなっちゃうんだろ。続編を考えられない終わり方っていうのが予想つかなくて、気になって仕方ない。