anywaytrip diary

さまざまの、まとまりのない感想

『珈琲いかがでしょう』第6話 感想

個人的に今までで一番、オープニングに流れる『エル・フエゴ(ザ・炎)』が沁みるなぁと思いながら聴いてしまった。この先もドラマを見続けると、第6話を越える日がくるんだろうか。それもまた楽しみではある。

 

今回もまた視覚的にしんどいシーン多めかな...と心配しつつ視聴していたのだけれど。結果的にはまぁ、そういったシーンは想定内にありつつ、でもそこが前回ほど痛々しくならずに観られたような、そうでもないような...まぁやっぱり苦手ではある。

第6話ではそういったシーンでの視覚的なものより、その場に置かれている金色髪の青山さんだったり、青山さん大好きなぺいの心の内を想像すると、そっちのほうもしんどいなぁという気持ちになってしまった。そして最終的には、原作者コナリ先生ってすごいなぁ(尊敬)というところに意識が飛んでしまった。

コナリ先生すごいなぁという気持ちは、たこさんと金色髪の青山さんが語らうシーンでも強く思って、たこさんの台詞は漏れなくどれもとてもとても響いた。

金色髪の青山さんと、黒髪青山さん。同一人物なのに、別人かと思えるほどに声のトーンが違うし、金色髪の青山さんの中でもたこさんとの交流が深まるごとに緩やかに穏やか寄りに近づいていく青山さんのトーンが素晴らしかったなぁと。そして行き着くところは、やっぱり中村さんの繊細な演技が好きだなぁというところに落ち着く。

誰からも大事にされたことがないって言っていた金色髪の青山さんだけど、ぼっちゃんのこと忘れてるの?と思ったり。それとも、ぼっちゃんの青山さんに対する熱量は、当時の金色髪の青山さんには届いてなかったってことか。だってたこさんから受けている情ですら、面と向かって言葉にしてもらわないと解らなかった青山さんだから。ほんとそれまでどんな人生を送ってきたんだよって心配になるほど。ぺいのこともきっとそうなんだろうなぁ。青山さんって、鈍感すぎる。かとおもいきや、黒髪青山さんになってからは、特に垣根さんに対しては感情が先走りぎみ。それだけ垣根さんへの熱量が多いんだろうなと微笑ましい。人の心のバランス、想いの受け取り方や気付き方って色々だし、きっかけのタイミングっていつ来るか分からないものだなぁと、第6話を観ているのとしみじみ思う。たこさんの懐に躊躇なくすっと入っていけた青山さんって、根の素直さはどんな環境でもずっと持っていた気がする(それはある意味すごい)。ぺいはたこさんのこと、初見で訝しがってたのにね。

青山さんのことばかり書いてしまったけれど、第6話はぺいの心情もしんどすぎて(視覚的もしんどいシーンあったけど、それを越えるほど)。青山さんのことを心から慕っていて大事に思っているのが伝わってきて、しんどかったなぁ。その想いの強さが微妙に金色髪の青山さんには伝わっていないのがまたなんとも。それでも真っ直ぐで、青山さん絶対主義なところが可愛い人だ。最後、ぼっちゃんとのシーンは痛々しくて、やっぱりこういったシーンは苦手だなぁと思ったけど。

たこ珈琲車内で青山さんの横に席移動してる垣根さん。黒髪青山さんから過去の金色髪時代の話を聞きながら話す様子と、最後のあれ。計算高くは見えない垣根さんであってほしい!と思いながら観ていた。夏帆さんと中村さんの組み合わせは画的にほんと可愛い。

 

終盤、青山さんを捕獲したぼっちゃん。次回予告を観ると、これまた濃そうな感じだけどとても楽しみ。

 

 

 

続きを読む